長野県信濃町で家を建てるなら風土にあった四季をたのしみ快適に過ごせる注文住宅を建てる一級建築士事務所カドケンへ
2020-11-17

WORK17 古間柳原の家

work016-02
work016-01
work016-03
work016-04
work016-05
work016-09
work016-08
work016-11
previous arrow
next arrow
work016-02
work016-01
work016-03
work016-04
work016-05
work016-09
work016-08
work016-11
previous arrow
next arrow

のどかな田園風景と北信五岳の山並みを楽しむ家

のどかな田園が広がり北信五岳の山々を一望できる古間柳原に、ゆるやかな片流れ屋根を持つ木造平屋建ての住宅が完成いたしました。
信濃町の季節をたのしみ快適にすごす工夫を凝らした建物です。

信濃町の季節を楽しみ快適に過ごすためのポイント5

1 雪の対策

信濃町で暮らす以上無視できない雪の対策。冬の大仕事である雪下ろしを無くすべく、古間柳原の家は2mまでの積雪に耐えられるよう構造計算を行い安全を確かめています。

2 地震対策

日本は地震が多い国です。家にはそこに暮らす人のいのちと財産を守る頑丈さが必要です。古間柳原の家は建築基準法で定められている1.25倍の耐震性能(耐震等級2相当)を確保しています。

3 風土にあった快適さ

当社オリジナルの断熱工法を採用。夏はすずしく冬はあたたかい快適な室内環境を保ちつつ夏場・冬場の冷暖房費をおさえ、毎月の家計をお助けします。

4 空気をまわす

床下に空気を循環させるファンを設置し、室内の空気を床下から小屋裏まで循環させます。床面と天井の温度差が無くなり快適な室内環境をつくります。

5 認定低炭素住宅

国の定めた省エネ基準をクリアした認定低炭素住宅。建物の省エネ性能を向上させ効率的にエネルギーを使用し光熱費を抑えます。
さらに国の補助金制度を受けることができます。

物件情報

DATESEPCOTHER
建築場所長野県信濃町耐震等級2相当フォレスタイルしなの活用
延床面積137.16㎡温熱等級グリーン化補助金活用
竣工2020.08UA値0.47W/(㎡K)認定低炭素住宅
関連記事